病院と建築家の共同制作により地域に信頼される病院をつくる

特別鼎談 病院建築の現在と未来を語る
病院と建築家の共同制作により地域に信頼される病院をつくる

1949年の開設以来、地域の中核病院として人口約80万人の両毛地域の医療を支えてきた足利赤 十字病院。基本構想から完成まで6年をかけ、2011年7月に市街地から現在の場所に移転新築した。
新病院は、将来の医療ニーズに合わせた変化に対応できる分棟形式、病室は全室個室という、従来にない新しい時代の病院像を示した。また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって病院の感染症対策が問われるなか、同院は個室や動線の分離でスムーズな感染患者の受け入れを行っている。
 ここでは小松本悟院長と、設計を担当した株式会社日建設計の近藤彰宏、大守昌利両ゼネラルマ ネージャーの3人が建築から運用までを振り返りながら、病院設計・建築のあり方を考える。

建築家と共創する病院づくり鼎談に参加した株式会社日建設計の近藤彰宏、大守昌利両ゼネラルマネージャーの共著『建築家と共創する病院づくり 対話が生む成長と変化に対応できる医療施設』(A5判・並製、約300ページ、日本医療企画発行、税込定価2,860円)が2021年3月30日に発行予定です。

明確なコンセプトのもと病院のあらゆる要望を実現

――新病院の設計から竣工までのいきさつをお聞かせください。

近藤 竣工してから10年近く経ちますが、貴院とは今日に至るまでお付き合いがあり、竣工後のコミュニケーションも大事だと実感した代表的なプロジェクトです。当社はプロポーザルとして選定されましたが、その前から病院建築計画学の第一人者である東京大学名誉教授の長澤泰先生に小松本院長がお声がけし、基本計画をまとめていたのには驚きました。

小松本 全室個室で将来の成長や変化に対応できるような、地域に根差したナンバー1病院にしたいというのが、私の希望でした。病院建築について調べたところ、長澤先生と工学院大学の筧淳夫先生が国内の第一人者だと知り、お声がけしたところ、お力添えいただくことになったのです。病院幹部、職員のコンセンサスを得るために勉強会を開くといった知恵もお借りしました。

近藤 建て替えの規模やプランから入るのではなく、職員を講堂に集めて、国内外の病院建築を学ぶ勉強会から始めたんですよね。設計の段階で、通常は各診療科の陣取りが繰り広げられますが、貴院の場合は勉強会などを通じてみなさんの考えがまとまっていて、全体でひとつの目的に向かうところからスタートできました。

小松本 1949年に建てられた旧病院は、ハード的に限界を迎えていて、病院機能評価をクリアできないところまで来ていました。増改築を繰り返していて、患者さんにとっても使い心地は良くなかったと思います。移転後の業績は好調で、旧病院では100億円を超えるかどうかだった医業収益は直近では約170億円と、移転前の1・7倍に伸びています。そのままだと時代の変化に対応できず、経営的に厳しくなっていたでしょう。

近藤 設計段階で基本計画を見せていただきましたが、「全室個室」「将来の成長と変化に対応できる分棟で構成」と書かれていて、ビジョンが明確でした。すべて個室という病院は前例がなく、最初は半分を個室とするプランを提示しましたが、小松本先生からは「話が違う」とガツンと言われてしまいました(笑)。

小松本 無難なものを建てたいのではなく、後々まで残る病院をつくりたかったのです。100%責任も負うのも私であり、その点は譲れませんでした。旧病院は4人や6人部屋が主体でしたが今後、自宅では個室で過ごしてきた若い世代の患者さんは、個室を希望すると考えたのです。結果的に移転後の病床稼働率は高水準で推移し、コロナ禍でも100%を維持しています。バックヤードの空間を十分確保することで患者さんと職員、人とモノの動線を完全に分けられたことも関係していると思います。

近藤 基本計画にのっとりつつ、いくつかの提案をさせていただきました。1つは、病院エントランスからつながる延長100メートル、天井高10メートルのホスピタルモールです。中央診療棟、外来棟、病棟、管理棟をつなぐモジュールの役割を果たしていますが、自然光を取り入れたロビーのような開放的な空間にしたほうがいいと考えました。また、患者さんとの動線を分けるために外来棟の裏に職員専用の通路、〝医療の路〟をつくりました。

小松本 玄関から入ったときに来院者に与える第一印象が大切だと聞き、納得しました。ホスピタルモールは中庭に面していてテラスがあり、癒しを提供しています。カフェやコンビニエンスストアは土日も地域住民が利用できるようにしています。職員には権限に応じたアクセスパス、患者さんやご家族、地域の方たちも所定の場所にしかアクセスできないようセキュリティ対策を施したうえで、地域に開かれた病院という思いを実現していただきました。

大守 多くの病院は玄関から足を踏み入れると総合受付があり、ずらりと椅子が並んでいますが、その見慣れた風景がなかったことに驚きました。

近藤 竣工から数年経つと、病院が使い勝手を考えて新たに物を置いたり、レイアウトを変えたりするものですが、足利赤十字病院は開院当初のままです。病院が運用を真剣に考えてコンセプトをつくり上げたからです。コンセプトを膨らませて、建築的に見ために美しく、使い心地がいいものに仕上げるのが当社の役割でした。

小松本 機能性に社会性、芸術性が備わると美しいホスピタルになりますね。外壁タイルも時間帯によって色のグラデーションが変わるタイルを採用するなどこだわりました。最初はぶつかりながらも病院建築のあり方を共有してプロジェクトを進めることができました。10年経った今でも見学者が多く訪れ、「完成後に変えたほうがよかったと思ったところはありますか」とたずねられますが、一切ありません。「傷一つありませんね」とも言われます。新病院はみんなの頑張りで貯めたお金で建てたわけですから、自分の家を同じように大切に扱ってほしいと日ごろから伝えています。素晴らしい設計と運用の賜物です。


足利赤十字病院の小松本悟院長

完全個室と動線の分離でコロナ患者を安全に受け入れ

――完全個室化と分棟形式のコンセプトと、実際の運用状況を教えてください。

小松本 新型コロナウイルス感染症を予測していたわけではありませんが、感染症の歴史を考えて、病院の基本コンセプトに「感染を広げない、人にうつさない強い病院」を挙げていました。当時ナイチンゲールの著書『Note on Hospitals』を読んだのですが、「病院がそなえているべき第一の必要条件は、病人に害を与えないことである」と記されていました。快適な病院は新鮮な空気と陽光、清潔さなどを適切に整えており、パビリオン型(分棟形式)にすべきと指摘しています。感染症対策のためにも、個室や動線の分離が大事だと考えたのです。当院では新型コロナ患者を積極的に受け入れていますが、バックヤードから院内に入ると専用エレベーターで専門病棟まで行くことができます。感染者と非感染者、医療者の動線が異なることで患者さんの不安が払しょくできた結果、外来患者数は減っていません。170mあるバックヤードは、スタッフや物品のスムーズな移動も実現しています。患者さんが往来するエリアはコンタクトレスで自動ドアを開閉できます。感染対策に優れた病院建築は、ポストコロナ時代のキーワードになるに違いありません。

近藤 全室個室だと料金設定に苦労したと思いますが、どちらかというとリーズナブルな、納得できる価格帯になっていました。病床の効率的な運用を図るために導入したPFM(Patient Flow Management)が入退院の窓口にもなり、個室について説明するという運用方法により、うまくいっているとお聞きしました。

小松本 個室は無料と有料があり、部屋の広さやフロアマットの種類で料金設定していますが、1日6000円の差額ベッド代がかかる個室から先に埋まっています。また、PFMを導入し混合病棟としています。一病棟35床とし、平均7~8の診療科の患者さんが入院しており、当初は病棟運用の複雑さがインシデントにつながるのではないかとの声が上がりましたが、今に至るまで重大な事故は起きていません。患者さんの疾患が多岐にわたるため、看護師からはさまざまな手技を学べると喜ばれています。1つの病棟に外科、内科といった異なる診療科の医師が出入りすることで、診療に必要なコミュニケーションもとりやすくなっています。

近藤 小松本先生は早い段階から動線にも着目していました。設計の初期段階では、セキュリティの運用についてそこまで詰められていなかったので、一緒に運用を考えさせていただいた結果、かなりの機能を追加しました。地域に開かれた病院である一方、入退院センターでセキュリティカードをもらわないと入れないエリアを設け、スタッフと患者さんの動線も完全に切り分けるなど、ゾーニングを徹底しています。患者さんのいるエリアについては、病室のドア以外はコンタクトレスで開閉できるように非接触型のセキュリティカードをご提案し、採用いただきました。