コロナ後こそ病院経営の正念場 トップの対話力

疾病構造の変化や少子高齢化、あるいは地域医療構想など、病院を取り巻く経営環境は劇的に変わりつつある。そうしたなかで病院を舵取りしていくには、かつてないほどのリーダーシップが求められており、その具体的方策としてトップと現場の「対話」がきわめて重要になっている。そこで本企画では、病院トップに自身の「対話」へのこだわり、手法、留意していることなどを聞くほか、院長経験者に新時代における病院トップの「対話」のあり方を提言してもらう。

PHASE3 2020年7月号 特集

●提言

先駆者が語る
現場との雑談なくして組織づくりはありえない

関塚 永一/セコム医療株式会社顧問
独立行政法人国立病院機構埼玉病院名誉院長

●事例

1 自発的な理念づくりへ
コミュニケーションを通じて職員の主体性を引き出す

矢木崇善/医療法人弘善会理事長

2 組織の底上げを実現
合議制を支える人材育成に向けあらゆる場面で意思疎通を図る

中村秀敏/医療法人真鶴会 小倉第一病院理事長・院長

3 新型コロナを迎え撃つ
新型コロナ患者の受け入れへ意識喚起のメッセージを発信

大坪由里子/医療法人社団大坪会 三軒茶病院院長

●追記

変革期と対話

自院の方向性を医療職に届けるには日常的な対話が効果的


〈特集より特別掲載〉

提言 先駆者が語る
現場との雑談なくして組織づくりはありえない

関塚 永一/セコム医療株式会社顧問、独立行政法人国立病院機構埼玉病院名誉院長

医療職はもともと職務へのロイヤルティは高い一方、組織の目標達成にはそれほど関心を示さないと言われる。とはいえ、それを放置して病院経営はおぼつかない。独立行政法人国立病院機構埼玉病院の関塚永一名誉院長は、同院院長に在職中の7年間で機構でも指折りの優良病院に成長させたが、約1000人の職員を束ねるもととなったのが「朝のあいさつ」での何気ない会話だったという。