これから始める病院原価計算
第1回
病院原価計算の取り組みを経営改善につなげるには
最適なチーム編成が重要

原価計算といえば、かつてはおもに製造業や飲食業などで行われていたが、現在では多くの一般企業で活用されている。人件費などのコストが増加するなかで、収支バランスの最適化に欠かせないからだ。コスト高が経営に大きく影響する病院においては必要不可欠と言える。

原価計算を上手に活用すると経営は9割以上よくなる

まずは、簡単な自己紹介をさせていただきます。私は2012年10月に福岡県の医療関連企業に入社し、これまで約7年間にわたって原価計算システムの普及活動を行ってきました。過去にシステムを提供した病院数は50以上で、いずれも提案活動から導入作業、活用支援までを一貫して実施しています。システム導入時点の赤字病院率は約8割でしたが、前年度決算ではその半数以上が黒字となり、赤字が縮小した病院を含めると、改善率は90%を超えます。当連載では、原価計算を経営改善につなげる方法について紹介していきます。

TAGS

検索上位タグ

RANKING

人気記事ランキング