MMS Woman Lab
Vol.84
失敗の原因と改善策を自分で考えられるように導く

<今月のお悩み>先日、あるスタッフが電話口で5分以上もひたすら謝罪をしていました。何があったのかと思い聞いてみたところ、送付した健診結果の氏名に誤りがあったとのことでした。「一生懸命謝って、やっと許してもらえました」と言うので、誤記入に気づかなかった理由を聞いたら「申し訳ありません。次から気をつけます」と繰り返すばかり。一緒に再発防止策を考えたかったのですが、どう接すればよかったのでしょうか。

失敗をきっかけにして成功に近づくためには?

偉人の方々の名言集を読んでいると、勇気づけられる言葉がたくさんあります。大切なのは、その「名言」で心が少し軽くなり、振り返りと改善という「次」の行動に移ることです。
物理学者A・アインシュタインは、「失敗したことのない人間というのは、挑戦をしたことのない人間である」という言葉を残しています。新しいことに挑戦する人たちにとっては心強い言葉です。身近なところでも、昔から言われていることわざに、「失敗は成功のもと」というものがあります。どちらも「失敗」というキーワードがあるとおり、人は「失敗」するものです。そしてどちらの言葉にも共通しているのは、「失敗というきっかけから、その原因を追究し、失敗の起こるポイントを明確にして改善を図っていくことで、成功に近づけることが重要だ」という考え方です。

TAGS

検索上位タグ

RANKING

人気記事ランキング