院長婦人はコンサルタント
第61回
コロナ禍で迎えた年末年始
心機一転で原点に立ち返る

本稿を書いている2021年1月初旬、2回目の緊急事態宣言が発令。地方感染者は首都圏や近畿圏に比べ少ないとはいえ、万が一にも感染すれば”魔女狩り”のような状況になるため、社会的リスクは大きい。東京の様子を毎日ニュースで見ていると、暗澹たる気持ちになる。

院長やスタッフが感染する事態も恐ろしいが、患者さんで来院した後日に「新型コロナ陽性が判明」なんてことも起こり得る。実は、知り合いの診療所で実際にそうした事態があった。幸い、濃厚接触者には該当せず事なきを得たようだが、「明日はわが身」の可能性も。

そうしたなか、当院はこの年末年始(12月31日~1月3日)は、地域の眼科休日診療当番だった。地域の診療所が日祝祭日やGW、お盆休暇などに当番を割り振られる。一昨年末に今回の当番表を見た際は、「年末年始はどこにもお出かけできないわぁ」と少し残念だったが、当番が近づくにつれ、「結局どこにも行けないしなぁ……。今年でよかったかも」と、ちょっぴりラッキー感すら覚えたのに。

いざふたを開けると、大晦日の12月31日、結構患者さんが来院!!院長とサマンサの2人だけなのでアタフタ。おまけに、新患さんの来院でカルテ入力やら久しぶりに大慌てのサマンサ。なかには、体温38度台の「まぶたが腫れた」という患者さんも来院するし……。

「まいったなぁ~、何で大晦日に来るかなぁ……。それも当番のときに」と、心中で思いっきり悪態をついてしまった。いろいろ体調を聞いてみたが、言いたくないのか隠しているのか、目の腫れ以外のことは言わないし。院長に相談して、その方には風除室のベンチに座ってもらい、診察と会計をして速やかにお帰りいただいた。

その後も、元日以外は休日診療フル稼働。視能訓練士がいないので検査がよくできないし、「最悪、レーザーかなぁ……」なんて患者さんも来院されて。とにかく、院長とサマンサは頑張りました。

そんな休み明け、通常診療に戻ったのに、患者さんは例年より少ない気がする。昨年12月の合計保険点数も対前年に比べ減っているし……。この調子では、今年はだらだらと減収が続く予感。「何か打つ手はないか?」と考えていたところ、友人からお誘いを受けていた講演会があり、参加してみた。

演者は、「私が社長です!!」のセリフで有名な某ホテルチェーンの女性社長だ。「やっと豆腐屋になりました!!」と言っていた(つまり”一丁”ではなく、一兆”なんですって、資産が)。そして「逆境こそ光栄なる機会なり」と宣っていた(まあスーパーポジティブ)。そんな社長の話を聞きつつ、「新型コロナが長引く気配をプンプンと感じるし、医業収入も減ってくるかもだし……。何か考えねば……」と思案。

そして、こんなときこそ足元を固めるべく、スタッフの勉強会を企画しようと思い立った。私でさえ下がり傾向のマインド。この時代「どんな心構えで患者さんに接するべきか?」を、経営理念に立ち返って再確認し共有したい。

早速、顧問社労士に「スタッフ教育の助成金あるかなぁ?」と相談し、例の社長の影響を少~し受けた感じの、サマンサであった。(『CLINICばんぶう』2021年2月号)

サマンサ●中学校の教師だったが、夫の開業をきっかけに診療所の事務長に就任。日本医業経営コンサルタントと医療経営士3級の資格を持ち、新潟県内の眼科専門診療所で院長夫人兼事務長として経営の舵取りをしている。