栄養士が知っておくべき薬の知識
第112回
栄養治療も重要となる
クローン病の薬物治療について

前回は潰瘍性大腸炎の薬物治療について述べました。今回は同じ炎症性腸疾患に位置づけられるクローン病の治療について述べます。

クローン病について

潰瘍性大腸炎と同様にクローン病も国の難病指定を受けています。いまだに原因は不明ですが、遺伝性の因子とともに腸管の免疫異常も重要な要因とされています。クローン病の好発年齢は10~20代に多く、男性は女性の約2倍に上り、潰瘍性大腸炎同様、患者数の増加がみられる疾患です。生命予後は長いとされる疾患です。多くは小腸や大腸に縦走潰瘍、潰瘍が飛び石のようにできてしまう敷石像などの病変を呈します。潰瘍性大腸炎は炎症が大腸に限局していますが、クローン病は口から肛門までの消化管すべての部位に起こる可能性があります。潰瘍性大腸炎の患者に比べ腹痛、下痢、体重減少、低アルブミン血症、低コレステロール血症など、小腸にも病変を起こすためか、栄養障害が起こりやすい傾向があります。

TAGS

検索上位タグ

RANKING

人気記事ランキング