“その人らしさ”を支える特養でのケア
第31回
食欲低下にはやっぱり好物が効く!? ご利用者の好みを活かした食支援

認知症のなかでも一番多いとされているのが、アルツハイマー型認知症です。認知機能障害やBPSDなどの症状が徐々に出始め、ゆっくりと進行していきます。アルツハイマー型認知症のBさんも、徐々に症状が現れ、食事摂取が困難になってしまいました。

徐々に認知症が進行し食べる行為が困難に

Bさんはアルツハイマー型認知症、糖尿病をもつご利用者です。入居当時、身体機能はある程度、保たれていましたが、自身の居室やトイレの場所がわからないなど、新しい環境に慣れるのが難しい様子でした。食事はセッティングすれば問題なく食べることができ、ミールラウンドでお邪魔するたびに「今日のおかずはおいしいね」と誉めてくださるのでした。
元気な頃から甘い物が大好きだった、とご家族からの情報どおり、おやつレクリエーションなどには積極的に調理に参加され、出来上がったおやつをおいしそうに召し上がっていました。
当施設のご利用者のなかでもコミュニケーションがとりやすく、元来の朗らかな性格もあり、Bさんは職員からも人気者でした。

TAGS

検索上位タグ

RANKING

人気記事ランキング